35歳定年説は自分次第!

優秀な人材と思わせるためのキャリアパスを描こう!

システムエンジニアの定年は早いのか

システムエンジニアは、プログラミングをしていくのが主な仕事となります。
企業で働いている以上、その会社の中での立場は長年の勤務に応じて変化していきます。
20代で入社した新入社員は、プログラミングの仕事を続けていくことで毎日を過ごしていくことになります。
30代半ばになると、出世することで管理の仕事を任されるようになります。
立場が上になるというのは、会社での実績が認められるということなのです。
しかし、この仕事で管理の仕事を任されるようになると、必然的にプログラミングの仕事量が減ることになるのです。
プログラミングの仕事に自分の生きがいを感じてこの世界に入ってきた人は、出世をしたという実感よりもプログラミングが出来なくなってしまう仕事の現状に不満を覚えてしまいます。

これがシステムエンジニアは30代半ばで定年と言う人が出てくる原因です。
プログラミングスキルを磨くことを中心にしている人は、管理職になっても上記のようにプログラミングの仕事を希望していくものですが、会社の事情としても長年実績をあげてきた人に管理の仕事を請け負って欲しいというものがあり、平行線になってしまうのです。
一方で、年齢や勤務日数に関係なくプログラミングの仕事を任せる企業も存在します。
このような職場なら40代、50台の人もプログラミングの仕事を変わらずに行えるため、仕事をしながら自らのプログラミングスキルの向上に打ち込むことが出来るのです。

Comment

*