35歳定年説は自分次第!

優秀な人材と思わせるためのキャリアパスを描こう!

システムエンジニアの定年35歳説の原因

どんな業界で働いていようと、いつかは定年を迎えるものです。
とりわけ勤務時間が不規則で、長時間労働をすることも多と言われているのが、システムエンジニアです。
年齢が上がってくると、肉体的な問題から続けるのが困難になってくるとよく言われます。

システムエンジニアは、35歳が定年だという噂が広まっているくらいです。
少なくとも、一般的な職種のように高齢期を迎えるまで続けることができる仕事ではないかもしれません。
そうかといって、必ずしもシステムエンジニアの定年が35歳かというと、決してそういうわけでもありません。
もちろん、根を詰めてプログラミングに執心するというのは、そう高い年齢まで続けられるものではないものの、歳を重ねていくとチームのマネージャー的な立場に変わっていきます。

要するに、若いうちは選手だったのが、歳を重ねてコーチや監督の立場に変わるということです。
その境目がだいたい35歳から40歳前後だと言われており、つまり出世をするわけです。
ただ、管理職になることを嬉しいと捉える人がそれほどでもないというのが少し問題かもしれません。
せっかく磨いたプログラミングスキルを活かせる場を失ってしまうわけですし、エンジニアではなく中間管理職になることに抵抗を抱く人も決して少なくないのです。
35歳や40歳というのは、いちばん働き盛りの年齢です。
エンジニアというより、社会人として最も脂ののっている時期でもありますから、出世できると言っても少し考えものなのかもしれませんね。

Comment

*