35歳定年説は自分次第!

優秀な人材と思わせるためのキャリアパスを描こう!

システムエンジニアと定年の関係性

コンピューターが世の中に登場して、インターネットが広がり、今はパソコンだけではなくスマートフォンやタブレットなどでもアクセスが可能となりました。
既にネットは人々にとってあるのが当たり前、接続不能になると日常のあらゆるところで不具合が起こってしまうでしょう。
そのくらい生活に密接したものとなって、それゆえ安定性と安全が重要になってきます。

それゆえシステムエンジニアやプログラマといった存在が必要不可欠になっており、企業としても優秀な人材の確保が必要が必須となっているため、求人が活発化しているのが分かるはずです。
こういったことからエンジニアとしても勤め先の選択が広くなります。
優秀な場合は、会社に所属することなく個人事業主やフリーランスとして活動することもできます。
また企業などに勤めて定年を迎えた後にフリーランスになって、個人で仕事を請け負うことも可能です。

エンジニアやプログラマなど確かな技術と知識を持っていれば、会社員でなくとも需要があります。
人によっては仕事のペースを自分で決めることができるので、収入をアップすることもできるでしょう。IT関係の技術職はスキルやノウハウを持っていれば、年齢に関係なく活躍できますので、将来を考えると有利な仕事と言えます。
ただIT関係の進歩は、すさまじいものがあります。
現役で活躍するためには常に情報収集を行い、自らの知識と技術を高めていく心構えを持つことで、エンジニアの定年は早いという説は覆すことができるでしょう。

Comment

*